5G 次世代高速無線通信規格 関連株

2017-06-08

アンリツ <6754> 、アルチザネットワークス <6778> [東証2]のほか、PALTEK <7587> [東証2]、アイレックス <6944> [JQ]など次世代高速無線通信規格である「5G」関連に位置づけられる銘柄に物色資金が向かった。LTEの1000倍以上の大容量化、10Gbps以上の通信速度を実現する5Gはあらゆるものをオンライン化するIoT時代に必須の通信技術であり、国際規格の概要が今年末にも固まる方向にある。そうしたなか、7日付の日本経済新聞が「次世代の超高速無線通信『第5世代(5G)』の商業利用区域が2023年にも全国へ広がる。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社は20年に5Gの利用を一部で開始、ドコモは3年ほどで全国展開する見通し。3社の総投資額は5兆円規模に達するとみられる」と報じた。これを受けて通信系計測器のトップメーカーであるアンリツをはじめ設備投資拡大で潤う関連銘柄に、改めて投機資金の流入を誘った。

スポンサーリンク
アドセンス