OPEC(石油輸出国機構)総会では、主要産油国による協調減産の延長決定が期待

2017-05-22

国際石油開発帝石 <1605> や石油資源開発 <1662> 、JXTGホールディングス <5020> など石油関連株が買われた。18日のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近6月物は前の日に比べ0.28ドル高の1バレル=49.35ドルだった。また、19日の時間外取引価格では同49.70ドル前後に上昇している。今週25日に開催されるOPEC(石油輸出国機構)総会では、主要産油国による協調減産の延長決定が期待されており、原油価格は底堅い値動きとなった。

毎度、OPECの思惑どうりに減産ができないのが個々のお国の事情のようなのだが…

スポンサーリンク
アドセンス