高速道路の老朽化対策で道路関連の需要が増加するとの観測

2017-05-09
前田道路 <1883> やNIPPO <1881> 、日本道路 <1884> など道路株が買われた。前田道は3月中旬につけた年初来高値を約2ヵ月ぶりに更新したほか、NIPPOも新高値に迫っている。足もとで公共投資事業が拡大しており、特に高速道路の老朽化対策で道路関連の需要が増加するとの観測が出ている。道路株には出遅れ感が指摘されており、前田道やNIPPOの連結PBRは1倍割れ、日道路は同0.6倍前後の水準と再評価余地がある。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス