金融株安・米国では10年物国債利回りが2.23%まで低下

2017-04-14
第一生命ホールディングス <8750> が連日の年初来安値更新。米国では10年物国債利回りが2.23%まで低下、約5ヵ月ぶりの低水準となっており金融株安を招いている。日本でも大手銀行や保険など金融関連セクターに外国人投資家とみられる売りが観測されている。そのなか国内では10年債だけでなく、20年債や30年債利回りも低下基調にあり、長短金利差、特に超長期金利の上昇が収益機会につながる生保セクターにとってネガティブに働いている。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス