国内外の長期金利が低下。有利子負債の大きい不動産株には金利低下が追い風

2017-04-12
三井不動産 <8801> が3日続伸。三菱地所 <8802> や住友不動産 <8830> も値を上げており、全般相場が軟調展開となるなか不動産株が見直されている。北朝鮮やシリア情勢の緊迫化に伴う地政学リスクの高まりとともに安全資産の債券が買われ、国内外の長期金利が低下。有利子負債の大きい不動産株には金利低下が追い風に働くとの期待が出ている。

スポンサーリンク
アドセンス