20161107 トランプ・リスク薄まる

米大統領選のヒラリー民主党候補をめぐる事態の好転を受け、幅広い銘柄で買いが先行した。円安・ドル高が進んだこともあり、自動車など為替敏感株の上昇が目立った。
 投資家心理はやや強気に傾いたが、投票日が迫っていることもあり、積極的な買いは手控えられた。

トランプ・リスクのために、一時 102.5円まで円高になったが、今朝は104円まで回復、その後、104.4まで円高になる。

トランプ・リスクが見られる前日の 11/1 では 1ドル = 104.8 円ぐらいであったので、もう少しで 11/1 と同じになるが、株価はまだそこまで上がっていない。

トランプ・リスクがまだ半分ほど残っている感じがする。

円高になり 持ち株の中で、上がったと感じたのは

トヨタ自動車(株) +112 (+1.97%)
花王(株) +59 (+1.13%)
富士フイルムホールディングス(株) +40 (+1.01%)
カシオ計算機(株) +43 (+3.36%)
栗田工業(株) +58 (+2.47%)
(株)加藤製作所 +101 (+4.02%)

逆に、商社系株は、円高のメリットはそんなに無いのか?

伊藤忠商事(株) +5.5 (+0.40%)
三井物産(株) +9 (+0.65%)
三菱商事(株) +28.5 (+1.27%)
味の素(株) +7 (+0.30%)

半年ほど前に購入した、栗田工業(株) だが、先日の決算内容が悪くて、現時点で(-10.93%)となり、損切りをしてやり直したいと思う。
大統領選挙が終わって、米国の金利上げで一層の円安になった時に売るのが良いのか?
それとも、明日、明後日、トランプ・リスクがなくなり、11/1水準まで戻ったときに売って、別の銘柄に投資すればいいか、素人は悩む。

今日の売買はなし。

20161107_week_nikkei

20161107_nikkei

20161107_kawase

20161107_%e6%a5%ad%e7%a8%ae%e5%88%a5

20161107

 

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス