21060804

4日の日経平均は3日ぶり反発。原油高や米国株高を好感し買い優勢。しかし、ドル円相場が101円台を割り込むと一転して売り優勢となり、一時16000円を下回った。午後に入ると、きのうまでの下げに対する反動や日銀によるETFの買い入れ期待もあり堅調に推移。マルハニチロや住友不などの好業績株を中心に幅広く物色された。業種別では、証券、海運、非鉄金属が上昇し、食料品、石油・石炭製品が値下がりした。

kawase_20160804

業種別_20160804

week_20160804

nikkei_20160804

20160804

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス